理事長所感第25号「佐賀銀行との包括連携協定」

 

   先月27日に、県内のトップバンクである佐賀銀行と連携・協力の包括協定を締結しました。正式名称は、「株式会社佐賀銀行と公益財団法人佐賀県地域産業支援センターとの連携・協力に関する包括連携協定」でありますが、お互いの強みを生かして、関連する事業での連携・強化を図り、県内産業の振興に貢献していくことで佐賀県経済を活性化していこうというものです。

 連携・協力事項は、   
(1)販路開拓・取引拡大に関すること
(2)研究開発の促進に関すること
(3)経営革新・経営基盤の強化に関すること
(4)6次産業化の促進に関すること
(5)海外展開の促進に関すること
(6)知的財産の活用促進に関すること
(7)その他県内産業の支援に関すること  と定めています。
 (詳細は、協定書をご覧下さい)

 佐賀銀行とは、これまでも、当財団が実施している商談会に対し、ご後援を頂いたり、知財支援に係る関係機関との連絡会議に参加してもらい、「知財総合支援窓口の活動内容等」を取引先企業への紹介・周知して頂く等々、各分野で協力関係を構築していたところです。しかしながら、ますますグローバル化していく経済活動を考えるとき、縦の企業支援のみでなく横にウィングを広げた支援体制を作ることが、さらに大切であると考え、連携・協力していくことに両者の意向が合致し、且つ、互いの強みを生かした組織と組織の連携の姿を「対外的に見える形」にすることが、これまで以上に多くの企業の関心を集め、相談・活用して頂くことに繋がっていくのではないかと考えたところであります。

 佐賀銀行は、国内はもとより、海外ビジネスサポートも展開されており、佐賀県・福岡県・長崎県にまたがる営業ネットワークを持ち、きめ細かい情報網を生かし、創業支援から企業経営改善支援まで、幅広く活動されています。
 当財団としては、この包括連携協定を契機として、さらに敷居を低くし、これまでお付き合いのなかった企業や当財団を知らなかった企業への支援を始め、若い人や女性、シニアによる起業・創業も視野に入れて佐賀県の企業振興・産業振興に努めてまいります。
 

平成26年11月4日
理 事 長 飛  石  昇

 

問い合わせ

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター
〒849-0932 佐賀市鍋島町八戸溝114
TEL:0952-34-4411 FAX:0952-34-4412

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

         

このページは見つけやすかったですか?