理事長所感 第9号

 先日、「第3の矢」国の成長戦略が示されましたが、相変わらず、為替相場は安定せず、株価も乱高下を繰り返しています。これから秋にかけて、成長戦略に基づく具体的な施策・事業等が明らかになることで、落ち着きを取り戻し、景気上向きの実感が地方にまで波及してくればと期待しているところです。

 佐賀県においても、国から成長戦略が示されたことを受け、先月開かれた、6月佐賀県議会で質疑が行われ、古川知事は、「佐賀県版成長戦略」をとりまとめると答弁されています。
これから、とりまとめ作業が進んでいくものと考えていますが、こういった動きを念頭に、当財団でも7月1日付でプロジェクトチームを立ち上げ、今後国から示される成長戦略に基づく事業等へ県内の企業が手を上げることができるよう、手を上げるために必要な事業の検討を行い、具体案を取りまとめることにしています。
 このPTは、当財団の中堅・若手プロパー職員3名で理事長直属の組織とし、各々の本務業務は持ちながらではありますが、6か月間の期間限定で作業するようにしています。PT立ち上げの説明は、先週行い、チーム名は、自主性に任せることにしていたところ「その夢ほんと!計画inさが」という名称にしたと云うことでした。

ご案内のとおり、新たな成長戦略(日本再興戦略)は、

  • 日本産業再興プラン
  • 戦略市場創造プラン
  • 国際展開戦略

の3つに分かれ、日本再興プランの中には、中小企業・小規模事業所の革新・戦略市場創造プランの中には、農商工連携・6次化の推進・国際展開戦略の中には、海外市場獲得のための戦略的取り組み等々この「佐賀県」と云うより地域・地方の中小企業がこれから避けて通れない関わり深い文言が、文章が至る所に記載されています。

 先程、申し上げたとおり、具体的施策・事業は、今後、明らかにになってくると思いますが、佐賀県の企業が、これらの施策・事業にチャレンジするよう、できるように、県とともに働きかけていくことが大切と考えています。
現場の企業と常に接し、その実態を十二分に把握している団体職員の強みを生かし、先を見通しながら若い自由な発想・アイデアに満ちた具体策を提案してくれるものと期待しているところです。

平成25年7月1日
理事長 飛石 昇

 

問い合わせ

総務企画課
〒849-0932 佐賀市鍋島町八戸溝114
TEL:0952-34-4411 FAX:0952-34-4412

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

         

このページは見つけやすかったですか?